歯周病

  1. HOME
  2. 歯周病

歯周病のはじまり

歯周病は、虫歯と同様に細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

その過程は、下の図にあるように次第に口腔バイオフィルムが歯石へと進化していくことで歯茎の
下にある歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし始めます。
これが歯周病の始まりです。

歯周病のはじまり

歯周病が全身に及ぼす
影響

近頃よく健康に関する番組を見かけます。

その話題でも出てくる歯周病の本当の怖さは、歯だけでなく全身にも影響を及ぼすことです。

歯周病を進行させる因子

歯周病のセルフチェック

思いあたる症状・習慣を
チェックしましょう!

  • □ 歯磨きをすると、歯ぐきから出血する
  • □ 口臭が気になる
  • □ 歯ぐきに赤く腫れた部分がある
  • □ 歯が長くなったような気がする
  • □ 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • □ 歯並びが良くない
  • □ 歯肉がむずがゆい、痛い
  • □ 冷たいものや熱いものがしみる

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、歯周病の可能性があります。

歯周病は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。

歯周病のセルフチェック

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、歯周病の可能性があります。

歯周病は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。

歯周病の予防と治療法

歯周病基本治療
(軽度の歯周病)

歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)と歯石です。原因である歯垢の除去および歯石の除去、根面の滑択化、噛み合わせの調整などが治療の基本となります。また、歯科衛生士による歯磨き指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。基本治療により歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメンテナンス(定期検診)に移行します。

歯周外科治療
(中度~重度の歯周病)

歯周基本治療で改善されない歯周病に関しては、歯周外科手術を行うことがあります。歯周外科手術とは歯肉に局所麻酔を行った後、歯肉を切開・剥離して歯垢(プラーク)・歯石などをしっかりと除去する治療法です。歯周外科手術で骨を滑らかにし、プラークコントロールを行いやすい口腔環境を作ります。歯周組織が改善されれば、メンテナンス(定期検診)に移行します。また一度失った骨を再生させる再生療法などもあります。適応は限られており全ての方にできるわけではありませんが、お気軽にご相談ください。

歯周病予防
(メンテナンス)

歯周病の一番の予防は、細菌のすみかである歯垢(プラーク)をしっかりと除去することにあります。ご自宅での毎日のケア(歯磨き・歯間ブラシ・デンタルフロス)が大切です。ただし、患者さま自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでは口の中の細菌を完全になくすことは難しいため、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることも重要です。