小児歯科

  1. HOME
  2. 小児歯科

お子様の気持ちに寄り添った
診療と医院づくりを
心がけています

お子様を安心させてあげられる存在である保護者の方が傍にいられないのは、お子様の不安が増しますし「楽しい!」「この歯医者なら大丈夫」と思っていただくことが困難化すると考えています。そこで、当院ではファミリールームを完備しており、診療中でも常に一緒にいられることができます。お子様が緊張しているようであれば、いつでも寄り添ってあげてください。

ファミリールーム

お子様を
歯医者さん嫌いに
しないために大切な事

褒めてあげる

①褒めてあげる

治療中、治療後に問わず「できたら褒めてあげてください」、言葉だけではなくボディータッチで本当に喜んであげてください。褒められることによってお子様の大きな自信になり、保護者の方の喜んでいる姿を見て「今度も頑張ろう!」と言う気持ちになります。泣いたり、治療が思うように進まない時は叱るのではなく、次がある事を優しく話してあげてください。但し、危ない行動をしたときや周辺の治療器具を触りに来るときは「ダメなことはダメ」としてお叱り下さい。

その場しのぎの言葉を避ける

②その場しのぎの言葉を避ける

お子様がぐずってしまい治療が進まない時、「今日は見るだけ」「何もしない」を連発していませんか?医院に来ている事で、本人は治療をする気持ちで来ています。来てもぐずってしまうのは、ただ不安や怖いのが拭えないだけなのです。「今日は見るだけ」「何もしない」のその場しのぎの言葉は「だまされた」と思ってしまい次からの来院が困難になってしまいます。最終的に治療ができるように順序立てて声掛けをすることが大切と考えます。

お子様の
むし歯予防に関する
当院の取り組み

家族が気をつける
むし歯菌感染予防対策

食べさせ方に気をつける

スプーンやお箸、コップなどをなるべく共有しない、フーフー冷ましをなるべくしないなど。

砂糖が入った
食べ物(おやつ)や
飲み物を控える

口の中に糖質が留まる時間が長いほど、むし歯になるリスクは高まります。特にダラダラ食べに注意しましょう。

かかりつけ医をもち、
歯科医院通いを
習慣にする

定期的にお口の管理やフッ素塗布・歯みがき指導を受け、お子さまのお口の健康を保ちましょう。

ご家族の口腔環境を
改善する

家族にむし歯が多いほど、子どもに感染しやすいと言われています。それはむし歯を放置した状態でお子さまのお口へキスなどしてしまうからです。もちろんスキンシップは大切ですが神経質になりすぎない程度に控え、身近なご家族の口内環境の改善も行ないましょう。

妊婦さんの歯科検診

妊娠中のお母さんは、つわりやホルモンの影響でむし歯や歯周病が悪化することがあります。生まれてくる赤ちゃんとご自身の歯とお口の健康を考え、つわりの時期が終わり安定期に入ったら、ぜひ歯科検診を受けましょう。

※来院時には受診票と母子手帳をお持ちください。

妊婦