施設紹介

  1. HOME
  2. 施設紹介

設備紹介

ひがしの歯科医院では、患者さまの体へのご負担に配慮した設備や、精密な治療を行うための設備、
院内感染のない衛生設備・環境を整え、快適な環境づくりに努めています。

  • デジタルX線装置

    デジタルX線装置

    放射線量を従来の約1/7に抑えた先進のデジタルX線撮影ができ、その画像処理はデジタルならではの正確でスピーディーなものとなります。これにより撮影後すぐに診断が可能となりました。

  • 超音波スケーラー

    超音波スケーラー

    歯の表面に付着した歯石や着色を取り除く器機です。超音波を利用した微振動で歯と歯ぐきへの負担を減らす事が出来ます。また、薬液を使用し、歯周ポケットを直接洗浄します。

  • レーザーむし歯検知器

    レーザーむし歯検知器

    特殊なレーザーを用いて、肉眼では発見できない隠れたむし歯を認識する機器です。歯にレーザーを当てるだけでむし歯を認識するので、痛みも無く歯を傷つけることもありません。

  • 電動麻酔注射器

    電動麻酔注射器

    当院では、治療の際に生じる痛みに配慮し、専用の機器を用いて治療を行っております。電動麻酔器は一定の速度で麻酔液を流入することができるので、患者さまが痛みを感じにくい速度で安定して注射を行うことが可能になります。

  • 口腔外バキューム

    口腔外バキューム

    歯を削るときには、目に見えない水や粉塵が飛散します。これらの飛散防止や、患者様が吸い込んでしまうのを防ぐため口腔外バキュームを導入しています。安心でクリーンな院内環境づくりを心がけています。

  • オゾン水

    オゾン水

    水の元栓にオゾン水発生装置を装着するため歯科ユニットから出る患者さまが洗口で使う水、歯を削る機械から出る水、歯石を除去する機械から出る水、スタッフの手洗い用の水、治療に関する全ての水がオゾン水になっています。これにより、殺菌効果のあるオゾン水で患者さまにもスタッフにも安心安全な院内環境を作ることができます。